水は恋人

smiley水道供給が始まって100年の名古屋市で、6月開かれた水道の国際会議である歌が披露された。水道事業への情熱を込めた『水は恋人』で、作詞、作曲は名古屋ゆかりの人たちだ。作曲した山村尊房さん(64)は厚生労働省の元水道課長。「その国でも水道は地味だけど大切な仕事。情熱を傾けるぞという水道一家の歌です」と話す。           『水は恋人』   1.あこがれ多き水源に ひとりたたずむ朝ぼらけ そっとささやくせせらぎに いつか芽生えし恋心   2.残月淡く山百合の 流れに露のひとしずく やさしき君の思い出は 甘く切なく果てしなく      3.雨か嵐か降る雪か 明日の定めは知らねども 君(水)に捧げし我が命 男の涙誰か知る   

専門領域

  • 一般廃棄物処理施設
  • 水処理施設
  • 化学
  • 電気・電子・半導体

採用情報

  • 新卒採用情報
  • キャリア採用情報
このページのトップへ