一般廃棄物処理施設

循環型社会への転換を図っていく技術を、
アイ・メッツは持っています。

家庭や企業、私たちの毎日の生活では、たくさんの様々なごみが排出され続けています。この処理に伴い発生するダイオキシン類の対策や最終処分場の不足、不法投棄の問題などは、大きな社会問題です。これらを解決していくためには、廃棄物の排出を抑制し、再生利用(リサイクル)を推進していく社会(循環型社会)への転換を図っていく必要があります。そのための技術を、アイ・メッツは持っています。

一般廃棄物処理施設とは

一般廃棄物処理施設のイメージ

家庭から排出されるごみや、事業者が排出する産業廃棄物以外の廃棄物を処理する施設のことです。

現在は地方自治体等が直接運営する形が多いのですが、次第に民間に管理、運営を部分的、あるいは全面的に委託することが増えるようになってきています。最近では、PFI(Private Finance Initiative)といった、民間資金を利用して民間に施設整備と公共サービスの提供をゆだねる手法も計画されようとしています。

溶融の仕組み

溶融炉は、多様なごみを一括処理、また、ごみを再資源化・再利用することで、資源循環システムを実現します。
有害成分発生の抑制にも優れており、環境にもやさしい仕組みです。

溶融の仕組み

O&M事業

一般廃棄物処理施設のイメージ

「O&M」とはOperation(運転管理)とMaintenance(維持管理)を意味するアイ・メッツの主要事業です。

最新の一般廃棄物処理施設は、環境保全、熱エネルギーの利用等、再資源化技術等が導入され、施設全体が複雑化、多様化しています。常に施設を最適の状態で運転管理し、機能と効率を最大限に発揮するため、技術者たちは、知識と経験を駆使して、施設機能を診断、更新・修繕計画を立案、適切な保守点検作業を行い、施設の延命を図ります。

ご提供サービス例

運転管理
  1. 環境プラントの運転、点検または整備の業務に必要な技術力を持った人材のご提供
    技術者情報はこちら >>
  2. 環境プラントに関する機械等の設計、または製図をおこなう人材のご提供
  3. 24時間体制での施設運転管理の業務委託
維持管理
  1. 老朽化が進む環境プラントの効率化を重視した最新設備導入のご提案
  2. 施設の劣化箇所を特定するための人材のご提供と、劣化箇所が見つかった場合の対応方法のご提案
  3. 長く安全に施設を利用いただくための延命プランのご提案
  4. 施設内を定期的に清掃する人材のご提案

お問い合わせはこちら

このページのトップへ